読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公共空間の後で

 

 誰に対しても開かれていて様々に現れることを許容する公共空間があることで、人は私的存在という状態を脱し、まっとうな人間になることができるという見解がある。それはつまり、他人とのかかわりを断ち切り引きこもっている状態という意味での私的存在の外部に開かれた公共空間を創出することこそが、まっとうな人間らしい生活の条件である、という見解である。公共空間の私有化が人の交流を阻み孤立と隔離を促すという主張の前提にあるのも、この見解である。アントニオ・ネグリマイケル・ハートの『帝国』では、次のように述べられている。「都市の景観は、公共の広場や人びとの公共空間での出会いを重視してきた近代的なあり方から、ショッピングモールやフリーウェイ、そして専用ゲートつきのコミュニティなどからなる閉ざされた空間へと移り変わりつつある」(二四四頁)。この見解において、公共空間は、孤立した状態という問題に対する一つの解決として展望されている。全面的に孤立しないで生きることを可能にする、解決のうちの一つである。孤立しないでいるためにも、公共空間が要請される、ということである。私が問うてみたいのは、そもそも、孤立せず、見放されないで生きていくための条件として、公共空間なるものが適切な解決なのか、ということである。

 公共空間を無条件に想定するのではなく、まずは、そもそも全面的に孤立しないでいるとはどのようなことであるかを問うほうがいいのではないか。それは、人が自分ではない他の人間たちとのかかわりのなかで生きることである。自分ならざるものとの複数的な共存のなかで生きることである。

 この前提のもとで、こう問うてみたい。公共空間は、複数的な共存の必須条件なのか。公共空間があれば、複数的な共存のなかで人が生きていることができるようになるのか。そもそも、誰に対しても開かれていて様々に現れることを許容する空間とかかわらないかぎり、人は複数的な共存の状態を生きていないのか。現れること、見られること、明るみに出されること。こうならないかぎり、複数的な共存は、成立しないのか。

 

たとえ現れることのできない境遇であっても、全面的に見放されないでいることの可能な空間。